有料老人ホームを選定するときのヒント

バナー

有料老人ホームを選定するときのヒント

日本は人の平均寿命がどんどん延び、まさに高齢社会となっています。しかし、介護などで人のお世話にならないで済む健康寿命はというと、こちらも延びてはいますが、平均寿命と比べるとおよそ10年くらい少ない年齢となっています。

All Aboutについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

そうなると、どうしても有料老人ホームのお世話になる人が多くなるというわけですが、今や有料老人ホームは乱立気味ですから、慎重に選定する必要があります。

下手をすると、テレビや新聞紙上を賑わしたような、良くない施設にぶつかることもあるからです。


それこそ優良な有料老人ホームは、携わっているスタフの質と量、そしてその経営の健全さに係わっています。
健全な経営が行われていないと、利益確保のために、人出を掛けなければならないところを省いたり、コストを掛けなければならないところを手抜いたりすることになるからです。

また、この仕事はどうしても人手に頼らなければならない部分があるわけですが、必要なスタフが集まらなかったり、スタフが嫌気から止めてしまい、十分なスタフが確保できていないと本来のサービスができないということになります。

大手のチェーン店的な施設は大方大丈夫ですが、それでも利益本意で経営しているところは要注意です。



なぜなら、老人向けビジネスは儲かる分野だということから展開しているところも結構多いからです。



この仕事はビジネスには違いありませんが、病院のサイドビジネスとか、土地や建物の転用で稼ごうというのでは限界があり、ある程度の社会奉仕意識や世の中への貢献意識がないと務まらないからです。

このあたりを見極めるのがポイントになります。


Copyright (C) 2015 有料老人ホームを選定するときのヒント All Rights Reserved.